ギャンブルやめたい。まず最初にやるべきことは「生活費の見直し」

スポンサーリンク
依存症

こんにちは。タケトンです。

僕はギャンブル歴12年で、計720万円負けました。

現在はギャンブル依存症を克服し、のんびり生活しています。

この記事を見てるあなたは、ギャンブルを辞めたくても辞められず、苦しんでいるのでしょうか?

 

ギャンブル依存症を治したい。でも、何から始めればいいかわからない。

 

そんなあなたに、元ギャンブル依存者から言わせていただきます。

 

タケトン
タケトン

無駄遣いをやめて、生活費を見直しましょう。

 

そんなのわかってるわ!という声が聞こえてきますが、これはギャンブルをしてしまう重要な動機につながっています。

 

構造はシンプルです。

 

無駄遣い→お金がなくなる→パチンコで回復すれば良い→負ける

 

結局、ギャンブルをする人はお金がほしいのです。

私もそうでした。お金がほしいから、手っ取り早くお金が増えるパチンコやスロットで増やしたくなるのです。そして、お金がなくなるのです。

ですから、無駄遣いをやめ、生活費を下げ、まずはお金が出ていかないようにすることが重要です。

 

タケトン
タケトン

この記事を読み行動することで、

ギャンブル依存症克服のための『土台』を作ることができます。

 

私の経験も踏まえ、ギャンブル依存症を克服するために、まずやるべき生活費の見直しについてまとめました。

出来ることからやってみましょう。

 

携帯代の見直し

キャリア携帯(ソフトバンク・docomo・au等)から、楽天モバイルなどの格安SIMへ変更をしましょう。

私はソフトバンク→楽天モバイルにし、毎月の携帯代が約11,000円→約3,000円になり、毎月▲8,000円改善しました。これで、「毎月8,000円勝ち確定」という状況になりました。

ソフトバンクなどのキャリア携帯と、楽天モバイルなどの格安SIMの違いが良くわからない。という声も聞きます。

実際に私が切り替えたソフトバンクと楽天モバイルをざっくり比較します。

 

ソフトバンク(キャリア携帯 楽天モバイル(格安SIM)
月額 約11,000円 約3,000円
通信速度 (高速時) 早い 普通
通信速度 (低速時) 遅すぎて使えないレベル 早くないが使えるレベル
メール キャリアアドレス使用可能 キャリアアドレス使えないが、Gmail使えば良い
メリット 店舗での対人対応可 圧倒的に料金が安い

高速通信・低速通信の切替可能

デメリット 料金高い 店舗対応なし

 

私はデータ容量2GB/月のプランで、基本は低速通信にて昼間に2時間YouTube、家ではWi-Fiを使って1時間YouTubeを見ていますが、容量足りてます。低速通信でもストレスなく動画見れるレベルですし、低速であればデータ量の減りはかなり遅いです。

朝やお昼は世間の皆さんは休憩等で携帯をいじるので通信は重くなりますが、その時は一時的に高速通信に切り替えれば問題なしです。

 

普段は高速データ通信をOFFにし、混みあっている時のみONにしています。

 

低速でYouTubeを見まくってますが、こんな感じです。

 

 

楽天モバイル(格安SIM)なら料金が安く、低速通信でもストレスなく動画見放題レベルで問題なし。キャリア携帯の人は格安SIMに切り替えて携帯料金を見直すべき。

 

家賃の見直し

マンション・アパートに住んでいる方は、大家さんに家賃の値下げ交渉をしてみましょう。大家さん側としては部屋を出て行かれるのは避けたいと思いますので、相談には乗ってくれるのではないかと思います。その際、横柄な態度で交渉してしまうとトラブルの原因になりますから、交渉の仕方については注意しましょう。

もうひとつの方法として、実家で暮らしましょう。家にいくらかお金を入れる必要があるかもしれませんが、マンションやアパートを借りるよりは出費は抑えられると思います。

外食を減らし、自炊を増やす

外食を減らし自炊を増やすことで、シンプルに食費を減らしましょう。

自炊することで、買い物に行く・献立を考える・料理をするなど、時間を要します。時間を要するということは、暇な時間が減ります。暇な時間が減るということは、ギャンブルに行きたい衝動と闘う時間が減ります。

 

タケトン
タケトン

僕はギャンブルをやめて2年程経ちますが、今も外食はたまにしか行きません。

ギャンブル依存症の時は、外食ばかりしていましたね。

 

 

コンビニや自販機で飲み物を買う→水筒に切り替え

地味に支出がかさむのが、コンビニや自販機で飲み物を買うということです。

コーラやジュースばかり飲んでいると体にも悪いですし、飲み物は水やお茶・コーヒーで十分です。それらは水筒に入れ持っていくことができます。

 

タケトン
タケトン

僕は毎日、会社にお茶とコーヒーを水筒に入れて持っていっています。

 

 

読書や運動、副業などコスパの良い趣味をつくる

実際に私が脱ギャンブルをする際に、土日の暇な時間に何するようにしたか。それは、読書・筋トレ・副業です。

読書→本は高くても2000円程度。

筋トレ→家でやればタダです。プッシュアップバー等の器具を買うにしても数千円で済みます。

 

タケトン
タケトン

上記書籍は「読書×筋トレ」となります。これを読むと筋トレがしたくなります。僕はこれを読み、読書+筋トレが趣味となりました。

副業→即金性がある「せどり」はおすすめです。仕入で店舗を回るのも楽しいですし、利益が出れば収入となります。

まとめ

ギャンブル依存症克服に向け最初に行うこととして、生活費を見直しましょう。

具体的方法として、

①携帯代見直し

②家賃の見直し

③外食を減らし自炊

④コンビニでの買い物を減らす

⑤コスパの良い趣味を作る

 

この5つを行い、ギャンブル依存症克服に向けた『土台』を作りましょう。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました