【12年間で720万円負け】30才ギャンブル依存症克服成功記

スポンサーリンク
依存症

こんにちは。

私は以前、重度のギャンブル依存症でした。

ギャンブル歴は12年でした。

その間、大切なお金や時間を失い、消費者金融に借金をし、何度やめると決めても、週末には朝からパチンコ屋に行ってしまっていました。

本当に苦しい時間を過ごしました。

しかし、今現在はギャンブル依存症を克服し、貯金も300万円を超えました。投資や副業も始め、金銭感覚も正常になり、穏やかな日々を送っています。

私が今回伝えたいこととして、

ギャンブル依存症は、誰でも克服可能です。

ギャンブル依存症地獄から、現在の安定した生活に至るまでの経緯、私がどのようにギャンブル依存症を克服出来たのかをお伝えします。

①ビギナーズラック。1ヶ月で20万円勝ち

大学1年、19才の夏、友達の誘いで初めてパチンコ屋にいきました。

打ったのは「海物語」。夜の8時頃だったので打っている人は少なかったのですが、とりあえず友達に教えてもらい4千円程投入。

その日は初当たりから一撃で8万円程勝ちました。

私は味をしめ、その後も海物語やエヴァンゲリオンを打ち込み、1ヶ月で20万円程勝ちました。

完全にビギナーズラックです。

当時はバイトもしておらず、私はパチンコで小遣いを得られると調子にのってしまい、パチンコにハマっていってしまいました。

②勝てなくなる

しかし、そんなことは続くわけもなく、パチンコ屋に通っている内に約1ヶ月程で勝った20万円がなくなりました。

今まで勝てていたことが嘘のように、2万円負け3万円負けが続いてしまいました。

一般的に、パチンコ・パチスロの還元率は85%〜80%と言われています。

これは単純に計算すると、10万円投資したら8万5千円〜8万円返ってくる。

逆に言うと▲1万5千円〜2万円は回収されてしまうことになります。

この「還元率」は投資額が増える程数値内に収まってきます。確率論ですね。

サイコロを振ると、最初は出る数字が偏りますが、何回も振り続けると6分の1の確率に収まってきます。これと同じです。

還元率が85%としたら、15%がパチンコ屋の利益となるのです。この利益をもとに、パチンコ屋はトイレや休憩室をキレイに保ち、電気代をまかない、手厚いサービスを行います。

③給料の大半をパチンコ・スロットに突っ込む

私は大学時代部活に所属しており、昼間は授業と練習、夜は6時から週5でアルバイトをしていました。

大体月7万~8万円稼いでいましたが、大半は給料日後1週間~2週間でパチンコスロットで消費し、ギリギリの生活費のみ残し質素な生活を送るというのが毎月の流れでした。

社会人になってからもやめられず、毎週末行きました。勝つときは良いのですが、負けると猛烈なストレスが襲っきます。日曜日に負けると、翌日から仕事が、始まるのでストレスはさらに増します。

パチンコで時間・お金を消費し、ストレスを溜める。溜まったストレスは買い物したり友達と遊んだり風俗に行って発散したり、食べ放題に行って大食いする等で発散していました。

負ける→お金を使ってストレス発散→ギャンブルで取り戻そうとする→負ける

この負のスパイラルから抜け出すことが出来ませんでした。

④貯金なし・借金・成長できない

ギャンブル依存症により、30才の時点で

・貯金0

・借金30万円

・自己成長が出来ていない

という状況でした。

「自己成長が出来ていない」という点について、ものすごく後悔しています。

特に会話のスキルが成長しませんでした。会話の内容がギャンブルに偏ってしまい、友達や会社の同僚に「面白くない人」「哀れな奴」と思われていたと思います。

ギャンブルに消費した時間やお金を、自己投資に使用できていれば、また違っていたのではと思います。

⑤12年間で720万円、240日を失う

平均すると毎月5万円程負けていたので、

5万円✖12か月✖12年=720万円

また、毎週土日どちらかは1日パチンコ屋に入り浸っていたので、10時間打っていたとすると

10時間✖月4回✖12か月✖12年=5760時間≒240日

12年間で720万円と240日分の自由時間を失いました。

Sponsored Links

⑥《転機到来》ギャンブル依存症克服への道のりスタート

そんな私に、ある転機が訪れます。

それは「結婚」です

一応大学時代から付き合っていた彼女がおり、めでたく結婚することになりました。そこで避けては通れない、人生の中でまあまあ大きめのイベントが迫ります。

それが「結婚式」です。

結婚式は計400万円程かかります。頭金は10万円程ですが、ある時期に半分にあたる約200万円を支払わなければなりません。

私は奥さんに貯金があると嘘をついており、借金30万円の事も隠していました。

さあ困りました。200万円の支払いまであと3か月程。到底準備できません。

が、私は馬鹿だったので、パチンコで増やそうと試みました。200万円の支払日までにパチンコで金を作ろうと、行ける時はパチンコ屋に行きました。

結果、借金はなんとか返したのですが、お金は作れるわけもなく、結婚式費用200万円の支払日1週間前に、奥さんに貯金0であることを打ち明けました。

奥さんはとても怒り、そして泣きました。それぞれの両親に言いつける、そして親からお金を借りなさいと言われました。離婚の話も出ました。

将来のことを考えずにパチンコで消費していたツケが、ここで回ってきました。

話し合いの結果、200万円は奥さんに立て替えてもらい、私の通帳・キャッシュカードは没収、お金の管理は完全に奥さんがすることとなりました。私は生活するのに最低限のお小遣いを渡してもらえるのみとなりました。

誓約書も書き、ギャンブルをしないこと・借金をしないことを誓約しました。

この件が転機となり、私は強制的にギャンブルを行うことが出来なくなりました。

⑦私が行った克服方法

お小遣い制になり自由に使えるお金もなくなり、誓約書でギャンブルもしないと誓えば、もうギャンブルには行かないだろう思いますよね?しかし、ギャンブル依存症は根が深いです。土日になると行きたくなります。無意識にパチンコ屋に行きたくなっているのです。

そこで私は、以下の段階で克服しました。

1パチ・5スロのみで遊ぶ。どうしてもパチンコ屋に行きたくなった場合はこれを徹底してました。仮に負けたとしても、負け金額を最小限に抑えました。

タバコをやめる。パチンコ屋で吸うタバコはうまいですよね。わかります。しかし、それも依存症を強くしている原因です。タバコをやめることにより、パチンコ屋に行きたくなる気持ちは半減しました。今はパチンコ屋でタバコを吸えなくなっていると思いますが、ニコチン依存症を克服すると自信がつき、ギャンブル依存症も不思議と克服できるようになりました。

お金の勉強をする。これが1番重要です。ギャンブルにハマる人は、お金持ちになりたいという気持ちが強い人が多いと思うので、オススメします。お金の勉強について、日本の義務教育では教えてくれません。私はお金の勉強をすることで、大金持ちは難しくても、「小金持ち」になることは誰でも可能であることを知りました。例を上げると、毎月の生活にかかる固定費(携帯代、保険、家賃、電気代等)の見直しをする、資産運用を行う。

お金の勉強をすることで、ギャンブルが馬鹿馬鹿しくなり、辞めることができました。

読書をする。お金の勉強をすると、勉強したいという思いが強くなりました。今までギャンブルに割いていた時間を読書に当てるようになりました。本は高くてもせいぜい2000円くらいですし、1日で何万円も負けるよりは遥かに良いです。趣味がギャンブルから読書や筋トレの自分磨きに変わりました。

お金の勉強をするにあたり、まずは代表的な本として、「金持ち父さん貧乏父さん」がおすすめです。

ギャンブル依存症の人の種類として、どうしようもない人は一定数いると思いますが、本当はギャンブルと無縁で安定した生活を送りたい真面目な人もたくさんいると思います。そんな人はその真面目さを、お金の勉強や読書などの自己研鑽に当てるのが効果的だと思います。期間としては3ヶ月程で、ギャンブル依存症の克服に成功しました。

 

⑧依存症克服までの道のりで辛かったこと

節約の徹底

お小遣い制になり、1日300円までしか使えない生活でした。飲み会が1発でも入れば奥さんに相談し、行くべき飲み会の場合は飲み代をもらっていました。今まで自由にお金を使っていた頃は昼飯に1000円、タバコや飲み物、間食で1日に計1500円くらい使ってましたから、この生活はかなりきついものでしたが、これまた不思議で、3ヶ月くらい経つと慣れます。

ギャンブル欲求との闘い

先程お金の勉強や読書をするようになったと言いましたが、最初のうちはどうしてもギャンブルしたいという気持ちが1番最初にきていました。休日の朝は特にその感情が強く襲ってきます。その感情を押し殺すにはなかなかのエネルギーを使いましたが、これも時間が解決しました。だいたい3ヶ月くらいでギャンブルしたいという感情は消えました。ギャンブルをすることが習慣となっていましたが、ギャンブルをしないということが習慣になりました。習慣化すれば、大丈夫です。

⑨依存症克服後の生活

仕事が終わったらパチンコ屋に寄らず、真っ直ぐ帰宅しています。貯金は300万円を超えました。浪費癖がなくなり、生活費が下がり、貯金や投資にまわせるお金が増えました。現在は家を建てるために住宅メーカーと打ち合わせを行なっており、年内には待望の第一子も誕生予定です。ギャンブルで負けた時に襲う嫌悪感・絶望感も生活から排除され、仕事への影響もなく、ギャンブルが起因となるストレスはなくなりました。もしギャンブル依存症を克服できずにいたら、現在の心身ともに安定した生活はなく、借金地獄になり違った人生になっていた。もしくは人生が終わっていたかもしれません。一度裏切ってしまいながらも、支えてくれた奥さんには感謝しかありません。

ギャンブル依存症は想像以上に手強い依存症です。体験者である私は身をもって怖さを知りました。今ギャンブル依存症で苦しんでいるあなた。この記事を読んでくれているということは、ギャンブル依存症を克服したいと思っているはずです。こんな私でも克服することが出来ました。今は辛いかもしれませんが、乗り越えた先には必ず幸せがまっています。過去のことはもう取り返しはつきません。しかし、未来はあなたの行動次第です。人生の中で今日が1番若い日です。ギャンブル依存症を克服したいあなたの役に、少しでも立てたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました