ギャンブルをやめたいときにやってはいけないこと5選

スポンサーリンク
人生
こんなことで悩んでませんか?
・ギャンブルやめたいのにやめられない
・やめると決意した1週間後にギャンブルしてる
・どうやったらギャンブルを卒業できるか知りたい

 

 

僕はギャンブル依存歴12年で、合計720万円負けました。主にスロットです。

 

現在はギャンブル依存症を克服し、心身ともに安定し穏やかな生活をおくっています。

 

なぜギャンブルをやめられなかったのか。当時どんな行動・考え方が間違っていたのか。

 

振り返ってみると、5つの問題点浮上してきました。

 

 

・浪費
・消費者金融から借金
・ギャンブルの動画・雑誌を見る
・きっかりやめようとする
・いつでもやめられると考える

 

 

今回、ギャンブルをやめたいときにやってはいけないこと5選を解説します。元ギャンブル依存症である僕が、実体験も交え紹介します。

 

たけとん
たけとん

このタイミングでギャンブル卒業するんだ!このチャンスを逃すな!

 

 

①浪費をしてしまう

ギャンブル依存症の人で共通していることは、「浪費が多い」ことです。

 

ギャンブルをやめようしている時に、浪費をしていてはギャンブルはやめられません。

 

なぜ浪費が多いとやめられないのか?

 

それは、浪費する人は「使ってなくなったお金はギャンブルで稼げばいい」という考えになる傾向が高いからです。

実際に僕もお金に余裕がないのに浪費が多く、「使った分は今度スロットで取り戻す」という考えになり、結局ギャンブルをやめられませんでした。

 

僕の当時の浪費は次のようなものです。

・外食(主に食べ放題)

・コンビニでちょくちょく買い食い(ファミチキとか)

・娯楽(マッサージ、キャバクラ、大人のお風呂)

 

たけとん
たけとん

ファミチキを否定しているわけではありませんので、ご理解下さい。

 

マッサージやキャバクラはお金に余裕ができたら行くべきですよね。

 

このように、浪費が止まらないとギャンブルへの衝動はどうしても抑えられません。

 

ギャンブルをやめる最初のステップとして、無駄な浪費を少なくしましょう。

 

②消費者金融から借金をしてしまう

これはシンプルなことですが、借金は想像以上に精神的負担になります。

 

ただでさえ背負っているだけで嫌ですが、消費者金融などから借りている場合、利子も支払わなければなりません。

そうなると、

「早く借金を返したい」→「ギャンブルで借金を返そう」

となります。

 

✅まだ借金をしていないなら、借金を絶対にしないこと。

✅最悪借金をするなら、両親や家族から借り、できるだけ利子をつけないこと。

 

これをやりましょう。

 

ギャンブルをやめるなら、絶対に借金をしてはいけません。

 

③ギャンブルの動画や雑誌を見てしまう

 

ギャンブルをやめると決め、最初のうちは良いのですが、ふとした時に、ギャンブルの動画や雑誌を見がちです。

私も、ふとした時にYouTubeでシバターさんやパチスロステーションのよしきさんのパチスロ動画を見てしまいました。

するとどうでしょう。

週末にはパチンコ屋に行きたくてたまらなくなるのです。

これではいつまでたってもやめられないのです。いたってシンプルですよね。

 

ギャンブルをやめたければ、関連する動画や雑誌を見てはいけません。

 

④いきなりやめようとしてしまう

「明日からギャンブル卒業や!」

張り切るのは良いですが、今まで散々ギャンブルをしていて、いきなり明日からやめれると思いますか?

 

はっきり言って、無理です。

既にギャンブルが習慣となっていますから、急にやめることはそう簡単ではありません。

ダイエットと同じです。極端にやるとリバウンドします。

 

なので、僕は段階的にやめました。

 

1️⃣まず毎週から隔週に頻度を減らす

2️⃣1パチ・5スロに切り替え

3️⃣携帯のパチンコ・パチスロゲームのみ

4️⃣ギャンブル引退

 

というように、徐々にやめていきました。

ギャンブルをいきなりやめようとするのは危険です。

徐々にギャンブルから離れていく方法をおすすめします。

 

⑤いつでもやめられると考えている

タバコと同じですが、

「自分はやめようと思えばいつでもやめられる」

と考えていませんか?

その考えを持っていたら、いつまでたってもやめられません。

 

なぜか?

 

それは、お腹が空いたら食べ物を欲するように、体が勝手にギャンブルを欲するからです。

 

それがギャンブル依存症です。

僕も体感しました。

ギャンブルも頭ではやめようとしても、体はやりたくてうずうずします。

そして、パチンコ屋に向かってしまうのです。

だから、考え方を変えることがとても重要です。

「いつでもやめられる」「気合でやめる」

この考え方をしていたら、一生ギャンブルでお金を失います。

いつでもやめられるという考えを捨て、先ほど解説したように徐々にやめることをしてみて下さい。

 

 

以上、ギャンブルをやめたいときにやってはいけない行動5選を、私の体験も交えつつ紹介しました。

 

ギャンブルにはまり、やめたくて悩んでいる方は今回解説した5つのことを頭に入れ、ギャンブル卒業に向かって歩きはじめましょう!

 

ギャンブルを卒業したその先に、新しい景色が見えますよ。

 

僕のように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました