【パチスロ】2日間で30万円負けた時の話【負け最高記録】

スポンサーリンク
依存症

こんにちは。タケトンです。

ギャンブル歴12年で720万円負けました。元ギャンブル依存症です。

現在はギャンブル依存症を克服し、穏やかな日々を過ごしています。

パチンコやスロットで負けた時、自分よりも負けた奴のことを調べたくなりますよね。

僕も昔やってました。そして心を落ち着かせてました。

今回、僕のギャンブル史上1番最悪だった負けをお話しします。

僕が経験したなかで最高記録の負けは下記の通りです。

タケトン
タケトン

2日間で30万円負け

上には上がいると思いますが、これが僕のリアルです。

どのようにして2日間で30万円負けたかお話しします。

冬のボーナス30万円を軍資金

あれはある年末休みだったでしょうか。

別の記事に書いているのですが、僕は結婚式を上げるために200万円を用意しなければいけませんでした。

貯金もなく、大勝ちを狙うならある程度時間がかかります。

そのため、僕はこの年末休みに賭けました。

冬のボーナスをATMから30万円引き出し、軍資金としました。

1日目から勝負に出ました。

「アナザーゴット ハーデス」

大勝ちするには、もうこれしかありませんでした。

1日目 16万円負け

朝一入店し、ハーデスの角2に座りました。

この日、悲劇が私を襲いました。

知らない人もいると思うので説明しますが、ハーデスは天井システムがあり、1570ゲームに到達すると天井システム発動となり、1600ゲームで当たります。

そこでARTゲーム数上乗せ特化ゾーンの最上位であるハーデスゾーンに挑むことができます。

ここでうまくゲーム数を上乗せできれば、一撃3000枚程いける場合もあります。

私はその日、朝一から大ハマりをくらいました。800Gのヘルゾーンを過ぎたあたりからはもう、天井を目指すしかありません。

※ここで通常時の当たり平均ゲーム数を説明しておきます。

ケルベロス(犬)50ゲーム

ペルセポネ 150ゲーム

ハーデス  300ゲーム

以上です。

1000G以降も天井を目指し、淡々とレバーを叩きます。

1000G、、1100G、、1200G、、

時々来る謎の小役連チャンに恐怖を感じつつ、天井に近づいていきました。

1500Gを迎え、僕の精神はギリギリの状態でした。

この時点で7万円程投入しています。

天井前は謎にモードが良くなるのはゴッドあるあるで、天井間際で当たってしまう人をたまに見ます。

この日も何故か天井直前にモードが良くなりましたが、そこは耐え忍びました。

その際、不穏なことが起きました。

ヘルゾーンの煽りがきていたのです。※ヘルゾーンとは簡単に言うと当たりやすいゾーン。5Gのみ。

ヘルゾーンの煽りを気にしつつも、1560Gに到達。あと10回レバーを叩けば天井到達です。

天井へのカウントダウンが始まりました。残り10、9、8、7、、、

ここで、ヘルゾーンの煽りが来ました。

 

 

「たのむからやめてくれ」

 

 

それだけです。

 

 

 

しかし、なんてことでしょう。このタイミングでヘルゾーンに突入しました。

僕は動揺を隠しきれません。

ヘルゾーンは5G。現在のG数は1564G。

ヘルゾーンで当たる→ケルベロス

ヘルゾーンを回避→天井ハーデス

先程ケルベロスとハーデスの平均ゲーム数を紹介したのでわかると思いますが、天と地の差です。

僕は正直、手が震えてました。周りの人も僕を見ていました。

それでも、レバーを叩かなければいけません。

1回、2回、3回、4回。

なんとか回避。最後切り抜ければ天井到達!!

 

5回目

 

 

 

 

 

 

 

当たりました。

 

1569G ヘルゾーン ケルベロス 50G

 

 

 

周りの人は心の中で笑っていたと思います。

こんな不運が起きる時は、もう運がない状態です。やめるべきなのです。

しかし投資は7万円ほどいってるので、もう止まれません。

結局この日、16万円負けました。

Sponsored Links

2日目もハーデス

2日目もハーデスです。

しかし、この日もついてません。

ハマっては犬、ハマってはは犬の繰り返し、、、

普通の人は5万円くらい負けたら帰ります。

しかし私は、結婚式のお金200万円を用意しなければいけないので、やめられません。お金がある限り突っ込みます。

このような状態の時は、もう泥沼です。無心でお金を突っ込んでいきます。金銭感覚がおかしくなっていました。

2日目は14万円負けでした。

年末休みの最初の2日で、30万円負けました。

このあと、年末休みは親戚回りなどでパチンコ屋に行く時間もなかったので、取り返しには行けませんでした。

1日目の天井直前で当たってしまった悲劇のショックが1番大きく。その時の年末は大人しくしていました。。。

 

以上、僕のギャンブル史上1番最悪だった負けをお話ししました。

今日もギャンブルで負けてしまって落ち込んでいるあなた。

気持ちはとてもわかります。

僕の負けを見て、少しでも前向きになってください。

僕より負けた方。心中お察しします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました