パチンコパチスロ依存症あるある11個言いたい。共感したら要注意。

スポンサーリンク
依存症

こんにちは。タケトンです。

ギャンブル歴12年の末、ギャンブル依存症を克服しました。

パチンコ・スロットばかりやってました。

今日は僕がギャンブル依存症現役時代に体験した、パチンコ・スロット依存あるあるを言いたいと思います。

何個か当てはまるものがあれば、あなたは既にギャンブル依存症ですので、すぐにギャンブルはやめましょう。

 

大当たりすると脳みそが溶ける

この感覚はパチンコスロットをやったことのない人は感じたことないのでは。ほぼ麻薬に近い感じです。

身の回りのものを売り、その金をぶっこむ

依存症者は軍資金調達のためにはできる限りのことをします。プレステやニンテンドースイッチも売ります。

タケトン
タケトン

僕は当時プレステを売り軍資金にして、2時間でなくなりました。

還元率を考えたらそろそろ当たるはずだと、粘る

パチンコ屋の還元率は約80%と言われています。ですから、例えば投資10万円に達していたら、そろそろ当たって8万円は帰ってくるはずだ。と思い込みます。しかし、そんな単純な話ではありません。

確率論的に、そろそろGOD引いてもいい時だろと思う

私はミリオンゴット神々の凱旋、ハーデスにどハマりしてました。GODの確率は1/8192です。

8000回転程回していれば、そろそろくるだろとドキドキしてました。

しかし、来ないときは本当に来ません。逆に、来るときは来ます

タケトン
タケトン

僕は最高で1日5回引きました。(笑)

投資5万円の境界線

投資5万円を迎えると、そこで2つの分かれ道に遭遇します。

続行 or 帰宅。

続行の場合はもう止まらなくなります。でも意外と51000円目で当たる時もありました。

Sponsored Links

前向きなメンタルを持っている

負けている時は、とにかく自分の行動を正当化しようとします。ギャンブルは今しか出来ない!今を楽しむんだ!年をとった時、いい思い出話になるさ!という前向きなメンタルになります。

タケトン
タケトン

僕は振り返っても笑えない程負けました。

最後の千円を信じる

最後の千円で、ドラマが待っているのではないか。ここから奇跡の逆転劇があるのではと、なぜか期待してしまうものですよね。

最後の千円が終わったあと、現実に戻り、震える

しかし、最後の千円はあっけなく終わります。軍資金は0円となり、現実に戻ります。忘れていた支払いの件や飲み会等の必要な出費をいろいろ思い出し、震えます。

空き時間にジャグラー

何かと時間が空くと、ちょっとだけジャグラーを打ってしまいがちです。

大負けの後にジャグラーで回復を図る

5万円以上負けた時はジャグラーで回復を図ります。なぜかすぐに当たり1万円くらい取り戻せたりします。

最初からジャグラーをやっていれば良かったと後悔する

大負け後ジャグラーで回復すると、最初からジャグラーやっておけば良かったと後悔します。しかし、朝一からジャグラーを打っても500ハマり→バケをくらい負けることも多々ありました。

 

以上です。

私的あるあるとなりましたが、みなさんどれだけ当てはまりましたでしょうか?

タケトン
タケトン

当てはまった項目が多い方は、依存症です。ギャンブル引退をおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました